遠距離恋愛ブログ 〜交通費で悩まない〜

遠距離恋愛の移動にかかる交通費問題を解決することに特化したブログです(飛行機、新幹線、電車、バス)

ポイントサイトからANAマイルへの交換は、LINEポイントを経由すべし!遠距離恋愛の交通費に悩むあなたに。

f:id:gucchon_7:20180514233718j:plain

はじめに

今日は、以前紹介したポイントサイトからのANAマイルへの交換について、新しく、オススメのルートを紹介します。

 

結論いいますと、

 

LINEポイントを経由すればOK!

 

では、具体的に説明していきます。

 

今までのポイントサイトからANAマイルへの経路

 

今までのルートは、

 

ハピタスポイントタウンげん玉などのポイントサイト→PeX→東京メトロANA

 

というのが定石でした。

 

 

enkyori-ren-ai.hatenablog.com

 

 

しかし、2018年の4月から東京メトロのポイントへの移行が非常ーーーに厳しくなってしまいました。

 

 

enkyori-ren-ai.hatenablog.com

 

 

 

遠距離恋愛でかかる交通費を、ポイントサイトからマイルへ交換することで捻出していた皆様も、影響を食らっていることとおもいます。

 

 

他にも、いわゆる修行僧と呼ばれる、ANASFC会員と呼ばれる上級会員を目指す方(プラチナメンバー狙い)も面食らった人が多いようです。プレミアムポイントというやつですね。

 

 

新しいルートの提案!LINEポイントを間に挟む!

 

そこで、わたしが提案するのは、

LINEポイントから東京メトロのポイントへ移行する方法です。

 

 

具体的には、

 

 ハピタスポイントタウンげん玉などのポイントサイト→PeX→LINEポイント→東京メトロANA

 

というルートです。

 

 

f:id:gucchon_7:20180514233807j:plain

2018年版 ポイントサイトからANAマイルへのおすすめ交換ルート

 

 

今までよりも少し還元率が下がりますが、交換のスピード感を重視しています。

 

 

交換率だけを重視するのであれば、

Gポイントというのをさらに挟む方法も考えられます

しかし、、

 

ルート多すぎて、現実的でない!!

 

というのがわたしの見解です。

 

なるべく早くマイルに変えたいですよね?

 

 

ですので、今までよりも一つルートが増えただけの方法をおすすめする次第です。

 

 

ポイント獲得、ルール改定にへこたれずに、がんばっていきましょう!

 

 

 

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

 

ポイントサイト→PeX→東京メトロ→ANAマイルという、超優良なマイル移行の手法が使えなくなった話

遠距離恋愛の交通費に悩む皆様のために、記事を書いてまいります。

 

 

今回、新しく記事を書いた理由は、ポイントサイトからANAマイルへの変換法を修正する必要がでてきたからです。

 

今までは下記のとおり、ANAマイルへの変換方法など紹介してきましたが、PeX経由のルートが使えなくなりました

 

旧ルート:ポイントサイト(ハピタス)→PeX→東京メトロANA

 

この件について、他のルートを考察しましたので、また次回記事を書きます。

 

多少のパーセンテージは下がりますが、ポイントからマイルに変えていくという絶対的な考え自体は変わりません!

収入を増やして遠距離恋愛の交通費にするシリーズ第2回目 「仮想通貨に投資する」

f:id:gucchon_7:20171112164706j:plain

私は2年間にわたり東京と福岡間の遠距離恋愛をしたのですが、メンタル以外にも会いにいくための交通費が重要でした

スカイプやLINE電話だけでは意思疎通がむずかしい時もあります。

  

本ブログでは、遠距離恋愛の末に結婚できた私の経験を活かして、

遠距離恋愛中の交通費の悩みだけでも解決したい!

という目標を持って、ブログを運営しています。

 

交通費にまわせるお金は究極的には下記の2つからやりくりします。

 

1. 収入を増やす

2. 支出を減らす

 

以前に紹介したポイントサイトは特に「1. 収入を増やす」に絶大な効力を発揮します。私が遠距離恋愛をしている期間はポイントサイトに注力していました。

ハピタスポイントタウンげん玉

例えば、高額案件である「保険の相談」や「青汁など100%還元キャンペーンの利用」、「楽天カードなど年会費無料のカード発行」などです。

 

enkyori-ren-ai.hatenablog.com

 

今回は、「1. 収入を増やす」の観点から

仮想通貨への投資、

その中でも「コイン積立」

について書いていきます。

 

仮想通貨のイメージ?

ビットコインという言葉を聞いたことがあるでしょうか。

最近はニュースでも目にする機会が増えたのではないでしょうか。

マウントゴックスの事件を覚えている人は、

・なんか胡散臭い

・詐欺っぽい

・本当に値上がりするのか疑問

などなど、疑っている人が未だに多いと思います。

 

(マウントゴックスの事件は、「信頼のおけない取引所」が問題なのであって、逆に「ビットコイン自体のテクノロジーは非常に強固である」ことを示す結果になりました。)

 

今回は、「非中央集権」、「ブロックチェーン」、「お金の本質は信用である」などできる限り深い話はせずに、どうやって手間をかけずに収入を増やしていくかを書いていきます。

 

仮想通貨とは

国内取引所であるビットフライヤーの説明では下記のように定義づけられます。

 

仮想通貨とは、インターネットを通じて不特定多数の間で物品やサービスの対価に使用でき、中央銀行などの公的な発行主体や管理者が存在せず専門の取引所を介して円やドル・ユーロ・人民元などの通貨と交換できます。仮想通貨の種類は600種類以上あるといわれています

 

むずかしいですが、インターネット上で、管理者なしに、金銭をやりとり出来るくらいにざっくりと理解しておけば、まずはOKです。

 

仮想通貨によっても特徴は異なってきます。

例えばビットコインの場合は下記の通りです。

・非中央集権的

・Peer to Peer(P2P)ネットワーク

ブロックチェーン技術(Proof of Workと呼ばれる暗号技術も含めて)

・支払い機能

・マイニング

 

上記の例をあげれば、銀行などの中央集権組織を通さずに送金できるので、取引手数料が非常に少なくて済むなど多くのメリットがあります。また、流通に関しては、円やドルなどとは違い、国や企業など中央組織が関与していません。

 

そこできっと疑問に思うはずです。

「セキュリティが危ないのでは!?」

 

ここで、P2Pネットワーク、ブロックチェーン技術の登場です。 

またP2Pネットワークは個人間を結ぶネットワークで、スカイプなどが該当します。

ビットコインを例に挙げると、世界中のコンピュータが取引記録の台帳(ブロックごとの取引記録がチェーン状に繋がっている台帳)を監視・確認できるような仕組みがあります。加えて、Proof of Work(PoW、プルーフオブワーク)というシステムがあり、ブロックチェーンの改ざんが実質的に不可能に近いです。

 

このように、ネットワークでセキュリティが担保されています

 

詳しく勉強したい人向けに

私は野口先生のブロックチェーン革命や、暗号解読の歴史を見て理解を深めました。

もし興味がある方は読んで見てください。かなり面白いです。

  

「収入を増やす方法」の前に:仮想通貨取引所

国内外に、多くの仮想通貨の取引所があります。

国内の大手だと、bitflyer(ビットフライヤー)、Coincheck(コインチェック)、Zaif(ザイフ)が挙げられます。

どこを選ぶかという話になりますが、個人的には、Zaifをお勧めします。

 

理由は下記の3点です。

・取引手数料が他よりも安い

・コイン積立(ドル円建て)ができる

・CEOの朝山氏がXEMという仮想通貨の開発者の一人だったという信頼感(なんか面白いことやってくれそう)

 

以前は、Coincheckユーザーだったのですが、Zaifの方がお得そうだいうことで、鞍替えしてしまいました。

ただし、Coincheckの方が、見やすい、取引仮想通貨の種類が多いというメリットはありますので、初心者のうち、本記事の趣旨である「コイン積立」はしないという方はCoincheckから始めて、後でZaifなど他に移るというのもアリだと思います。

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

コイン積立加入とは

コイン積立のメリット大きく2つあります。

・自動的で手間がかからない

・相場を読まなくて良い

・仮想通貨自体が上昇相場なので積立との相性が良い

 

 

ちなみに私は、月々5000円ずつをXEMとETHに積み立てています。

 

f:id:gucchon_7:20171112182556p:plain

 

 

特に初心者の方だと、相場の上がり下がりに一喜一憂してしまい、変なタイミングで売ったり買ったりして、結果的に損してしまう恐れがあります。

 

こうした損失リスクを減らすのに、積立は向いています。

 

Zaifのホームページにわかりやすくまとまっているページがあるので引用します。

 

ビットコインに興味はあるし、買ってみたいけど、取引所でのやりとりはめんどう、売買のタイミングもわからない」

「暗号通貨に将来性を感じるので、金やプラチナのように積立したい」などの希望を叶えるのがZaifコイン積立です。

Zaifコイン積立ではお客様の銀行口座から毎月固定額を自動引き落としさせて頂き、ご希望の金額を積み立てすることができます。

毎月27日に引き落とさせて頂き、翌月10日~翌々月9日まで、1日毎にご指定の暗号通貨を買付け、積み立てを行っていきます。

もちろん買付けは自動的に行われるため、買い付けのタイミングをはかったり取引所の注文を管理したりという手間はいっさいかかりません。

f:id:gucchon_7:20171112183028p:plain

 

ざっくりいうと、高い時は少なく購入して、安い時に多く購入する仕組みです。

 

実際、どのくらい儲かるの?

私はコイン積立と通常のコイン取引を1年間行い、元手が25万円ほどが約75万円位になりました(3倍)になりました

 

実際購入したコインを売買せずに、ずっと持っておくのが一番効率的です。

ホールドしておけば数十倍になるようなコインがあったので、悔やまれます。。

2018年はビットコイン以外のアルトコインがさらに上昇するという意見もありますので、気になった方はぜひ参考にしてください。

 

仮想通貨は先行者利益が如実に出ますので、チャレンジ精神のある方は、余剰資金で試してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

支出を抑えて遠距離恋愛の交通費にするシリーズ第2回目 「電力会社の変更で節約する!」

f:id:gucchon_7:20171028184306j:plain

はじめに

東京と福岡間の遠距離恋愛を2年間したのちに、無事に結婚することができました。

あまり会えないことで、実際に会うことで問題を話し合っていくことも重要ですが、会うためには交通費が必要です

facetimeスカイプなどでは中々伝わらないことも多いと思います。

  

本ブログでは、遠距離恋愛において、

せめて交通費だけでも悩みを解決したい!

という目標を持って、情報を提供していきたいと思っています。

 

交通費にかけられるお金に不足した時は下記の2つを考える必要があります。

 

1. 収入を増やす

2. 支出を減らす

 

以前に紹介したポイントサイトは特に「1. 収入を増やす」に絶大な効力を発揮します。私が遠距離恋愛をしている期間はポイントサイトに注力していました。

ハピタスポイントタウンげん玉

 

enkyori-ren-ai.hatenablog.com

 

今回は、「2. 支出を減らす」の観点から

電気代の節約方法、

その中でも「電力会社の変更」

について書いていきます。

 

電力自由化について

2016年4月より経済産業省が主導して、電気の小売について全面的自由化をはじめました。

電力小売全面自由化|資源エネルギー庁

 

今までの問題点:地域によって電力会社が決められており選べなかった。

電力自由化のメリット:全ての人がライフスタイルや価値観によって自由に電力会社やプランを選べるように!

 

東北大震災以降、特に電力の供給源についても議論されるようになりましたよね。

 

電力自由化によって、ある人は再生可能なエネルギーに強みを持つ会社を選んだり、CO2の排気量が少ない会社を選んだり、単純に安くなるプランを選んだりなど、いろいろな選び方ができるようになりました。

 

電力供給会社の種類

小売電気事業者は日本全国に何社ほどあると思いますか?

 

なんと、、

 

422社あります!(2017年10月12日 経済産業省発表)

 

多すぎやしないかと思いますが、それだけ今までの電気代が個々のニーズにマッチしてない状況が多くビジネスチャンスが広がっていると捉えることもできますね。

 

選ぶ方法

何百社もある中から選ぶのは困難なので、私は下記のエネチェンジというサイトを使い、現在の契約内容を入力しながら、比較していきました。

 

電気代見直しNo.1サイト「エネチェンジ」 / 電気もガスもかんたん比較

 

ちなみに私の家の契約内容は下記の通りです。

  • 電力会社:東京電力
  • 契約種別:従量電灯B
  • アンペア数:50
  • 電気使用量:約100〜27 kWh
  • 年間電気代:56,383円

f:id:gucchon_7:20171028184400j:plain

 

選んだのは、、

私は

Looopでんき

を選びました。

低圧(家庭・事業所・商店)のお客さま| Looopでんき (るーぷでんき)

 

 

上記サイトで簡単な試算ができるのですが、

我が家の場合は、

年間で4,147円お得になる!

という計算になりました。

 

我が家は元々電気消費量が少ない方なので、あまりインパクトのある数字ではありませんでした。

ただし、より電力を使うような地方(寒い、暑い)ではもっとお得になる可能性が高いです。

 

 

実は電気代が安くなることに加えて、他にもメリットがあります。

  • 電気消費量の価格が固定でわかりやすい
  • FIT電気*が1/4を占める→再生エネルギーを応援
  • CO2排出も少ない

 

 *FIT電気とは、再生可能エネルギーを普及するためのFeed-In Tariff制度を利用して買い取られた再生エネルギーによる電気のことです(太陽光、風力、地熱、水力、バイオマス)。

時間があれば、電気代の明細を見てみてください。「再生エネ発電賦課金」としてみなさん買取に貢献していますから。。

詳しくは下記リンクをご覧ください。

今さら聞けない!でも知りたい!「FIT電気」って何?

 

どうせ負担するなら、「再生エネルギーを応援したい」という人も多いのではないでしょうか。

 

さいごに

電気代の節約だけじゃないのが電力自由化のポイントです。

 

節約できる金額が少なすぎて、とてもじゃないけど交通費はまかなえないと思うかもしれません。

しかし、こういった小さなところで楽してコツコツ節約すると、意外に大きなリターンで返ってくるので、きっと良かった!と思うこともあるかと思います

 

申し込みも簡単で、元の電力会社への手続きも代行してくれて手間もかからないので、「電力会社の変更」を「遠距離恋愛にあてる交通費の足し」にしてはいかがでしょうか?

 

 

最後までお読みいただき、誠に有難うございました。

 

 

 

支出を抑えて遠距離恋愛の交通費にするシリーズ第1回目 「格安携帯会社に変更で節約する!」

f:id:gucchon_7:20171024233811j:plain

はじめに

2年間の遠距離恋愛の末に、無事結婚まで至りました。

お互いの距離が離れている中で、一番悩ましかったのは、交通費です。

 

会いたいけどお金がない、、

明日ふらっと行きたいのに直前の飛行機予約はめちゃくちゃ高い、、

 

こういった経験をしている人は多いかと思います。

 

本ブログでは、遠距離恋愛をされているorこれからする皆様に有益な情報を提供して、

せめて交通費だけでも悩みを解決したい!

と思っています。

 

 交通費を捻出するには2つの戦略がある

交通費にかけられるお金というのは、究極的には、2つの考え方しかないと思います。

 

1. 収入を増やす

2. 支出を減らす

 

以前に紹介したポイントサイトは特に「1. 収入を増やす」に絶大な効力を発揮します。

 

実際、私が遠距離恋愛をしている期間はポイントサイトに注力していました。

ハピタスポイントタウンげん玉

理由はポイントからマイルに変えることで、収入を増やすことはもとより、そのまま飛行機代にすることができるからです。

 

現在は、毎月18,000マイルほど貯まるようになりました。

例えば、東京ー福岡間であれば、ノーマルシーズンが往復15,000マイルなので、毎月1往復はできます。興味のある方は下記の過去記事をご参照ください。

 

enkyori-ren-ai.hatenablog.com

 

 

今回は、ポイントサイト以外にも今すぐにでも始められるアイディアとして、

「2. 支出を減らす」に該当する

「格安携帯会社への乗り換え」

について紹介します。

 

格安スマホの通信事業者について

調べる限り、格安携帯会社である通信事業者は少なくとも14社はあります。

 

 

 

私が格安携帯会社に求めた条件

私自身は変更以前は大手キャリアであるauと契約していました(docomoSoftbankauと乗り替えてきました)。

また、iPhoneユーザーでもあります。

 

上に書いたように、あまりにも通信事業者が多かったので、求める条件を下記に絞りました

 

・電話番号は変えたくない!MNP必須

au系でiPhoneもそのまま使いたい!

・電話代が多少かかっても2000円程度に収まる!

・できれば顧客サービス対応が悪くはないこと!

 

上記の条件に見合う会社を調べていき、最終的には

mineo(マイネオ)

を選びました。

 

選んだプランは、3GバイトのDualプラン(データ通信+音声通話プラン)です。

 

mineoは自分が求める条件を満たした上で、さらにコンセプトが明快で好きでした。

「新しい普通をつくる!」というキャッチコピーです。

最近はCMも多く打っていますよね。

 

顧客サービスについては、申請する際に相談したいことがあったため、コールセンターに電話をしたのですが、その際の担当の人の対応が不慣れすぎて逆に良かったです笑。

 

不慣れだからこそ、親切心があるというか。。

(今は慣れが出てきて、こなれちゃっているかもしれません。)

 

ネットで調べると◯天などは、かなりサービスで評判が悪そうなことをよくみます。

一方、mineoは評判が悪くなさそうでしたので、ある程度評判にかけてみて良かったなと思います。

実際に問題があったり、契約時か解約時くらいしか話さないものの、いざという時にストレスを感じないのは、相当な価値があると思います。

 

私はmineoで十分に満足しております!

 

実際にどれだけ支出を抑えたか

結論的には、月々の収入を

約6,000円抑えることができました!

 

今までauの契約では月8,000〜9,000円くらいだったのが、現在は月2000円ほどになり、6,000円もお得になりました。

f:id:gucchon_7:20171024234007p:plain

 

 

さらに言えば、最初のキャンペーン期間中は、、

1000円を切ってました!!

実額927円、しかもその内68円が消費税!

 

f:id:gucchon_7:20171024234052p:plain

 

こんな金額を見ると、大手キャリアの金額がバカらしく見えてしまいますよね。

 

最後に

私の場合は、格安の通信事業者に変えるだけで、月々の携帯通信料が2000円程度に収まり、大手キャリアの4分の1に安くなりました

 

大手キャリアから変える場合だと、「2年縛り」という問題点もありますが、月々6,000円くらい安くなるなら、数ヶ月で違約金をペイできると思います。

 

もし、興味を持たれたら、すぐに計算してみて、申し込んでみてはいかがでしょうか。

 

何よりも、、、

請求額の数字が減っているのを見るだけで、ストレスが減りますよ!

 

 

最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無料の保険相談に行って交通費を稼いだ話(その2)

f:id:gucchon_7:20170722192048j:plain

 

私は遠距離恋愛の末、無事に結婚することができましたが、他の皆様同様、多くの問題がありました。

中でも、特に交通費の捻出には苦労しました。

 

 

そこで、私は節約に加えて、ポイントサイト等(ハピタスポイントタウン等)を利用して、なんとか交通費代は稼げるようになりました。

 

具体的には、下記案件を実行して多くの還元ポイントをゲットしていました。

 

  • 通販をポイントサイト経由
  • クレジットカードの作成
  • 高額案件(保険の相談)
  • 100%還元案件(青汁など)

 

今回は、前回の無料の保険相談(1回目)に続き2回目の相談に行ってポイントを稼いだ時のお話です。

 

1回目の面談については下記をご参照ください。

 

enkyori-ren-ai.hatenablog.com

 

保険相談の面談(2回目)

2回目の面談は1回目の面談から1週間後に行いました。

 

面談場所は前回と同じ、家の近所のファミリーレストラン

飲み物の代金は各自で払いました。

 

面談時間

面談時間は1回目が2時間程度だったのに対して、2回目は1時間程度でした。

1回目はファイナルシャルプランナー(FP)が各種保険内容をじっくり説明して、2回目は具体的な提案に入るため、所要時間が違うのだと思われます。

 

面談内容

FPとの2度目の面談内容は下記の通りでした。

前回、各種保険内容について説明を受けたので、2回目ではもっと踏み込んだ話となりました。

 

仕事、年収、結婚、両親のことなどなど、話せる範囲で会話をしながら、FPから具体的な保険プランの提案をしていただきました。

  • 死亡に備える
  • 病気に備える
  • 子供の教育に備える
  • 老後に備える

私の場合は、結婚もしていないこと、またアラサーであることから、「老後に備える」タイプの保険について、年収から計算されたプランをお勧めされました。

 

オーストラリアドル建て保険については、私からFPに他の保険はありますかと伺った時に、話の流れで提案されたものですので、人によって違うかもしれません。

 

保険のマンモスの姿勢としてなのか、FPの性格なのか、2回目の面談でもあまりゴリゴリ押した営業ではなく、割と穏やかに話すことができ、普通に勉強になりました

 

最終的には保険の加入はしないことにしてメールで連絡しましたが、本当に必要な時はまた連絡して相談してみたいと思える出会いとなりました。

 

ポイント反映まで

ポイント反映までの日数はポイントサイト案件内容に記載があります。

今回の保険相談の日数は面談完了後90日とされていました。

2回目の面談終了後、自宅に帰ってから、FPの方に保険に加入しない旨をメールでお伝えしました。割とすぐにメールで返信が来ましたが、ここでもあっさりとやり取りは終わりました。

 

ポイントが反映されない?

しかしながら、90日を経ってもポイントが反映されない事態が生じました。

そんな時は、ポイントサイトの案件内容から連絡を取ります。

 

この案件はハピタス経由でした。ポイント反映されていない旨と、面談を行った証拠のメール内容を送ると、下記のようなメールがハピタスカスタマーサービスから届きました。

 

 

f:id:gucchon_7:20170722200836p:plain

 

ポイントが反映!

その後しばらくして、再度カスタマーセンターから連絡が届きました。

 

メールを開くと、、、

 

判定有効&10,000ポイント(9,000マイル相当)の振込が反映されていました!

 

 

f:id:gucchon_7:20170722200847p:plain

 

 

 

今回は判定日を過ぎても、ポイントが反映されないというレアなケースでしたので、読んでいただいた方に有用な情報になれば幸いです。

 

今回学んだことは、下記の通りです。

  • 完了後何日で反映されるのか確認する
  • 反映されなかったらサイトへ連絡する
  • メールのやり取りは証拠になる

 

また、当然ですが、実行する前に案件の条件に合致していることをしっかり確かめておくと、トラブルが生じた際に、落ち着いて対処できます。

 

 

保険相談をやってみた感想は、

  • 保険について分かりやすく学べる
  • 将来のことを考える良いきっかけとなる
  • 意外にも勧誘はゴリ押しではない

ということです。

 

もし本記事を読んでご興味が湧いたら、やってみた方が良いかと思います。

 

 

本日も最後までご覧いただき大変ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

無料の保険相談に行って交通費を稼いだ話(その1)

f:id:gucchon_7:20170720211139j:plain

遠距離恋愛には多くのお金がかかります。

特に交通費は大きな問題であり、お金がないと会いたい時に会えない理由となってしまうこともしばしばです。

 

そこで、私は 戦略を立てて、1年間に数十万円相当の交通費代を稼ぎ、相手に会いに行っていました。

 

enkyori-ren-ai.hatenablog.com

 

特に、ポイントサイトを利用する場合は、下記案件を実行して多くの還元ポイントをゲットして移動費に充てていました。

  • 通販をポイントサイト経由
  • クレジットカードの作成
  • 高額案件(保険の相談)
  • 100%還元案件(青汁など)

 

今回は、実際に「無料の保険相談」に行ってポイントを稼いだお話です

 

 

ポイントサイト経由の保険の無料相談 申し込み

ハピタス経由で申し込みました。

ポイントタウンをメインに使うのであれば、ポイントタウンから申し込んで下さい。

 

下のページまでスクロールし、「保険」のところをクリック。

f:id:gucchon_7:20150124141047p:plain

 

たくさんの会社が出てくるので(約20件)、気になるやつを選びます。

今回が初めてだったので、レビューなどと直感により、

【保険マンモス】無料相談

にしました。

f:id:gucchon_7:20150124141340p:plain

7500ポイントですね(当時のポイント)。

ANAなら最終的には6750マイル相当、さらに言えば、10275ANAスカイコイン相当になり、飛行機代が10275円分浮きます。

(50000マイル以上交換する場合)

 

*参考 マイルとANAスカイコインの交換倍率(ANA HPより)

f:id:gucchon_7:20150124142332p:plain

 

 

次は、

「P ポイントを貯める」

という箇所をクリックして進みます。

 

すると、保険マンモスのページに移りますので、

「保険料節約を無料相談する」

をクリック。

 

無料相談申し込みフォームが出てくるので、必須の箇所を埋めていきます。

f:id:gucchon_7:20150124143118p:plain

 

これで一旦申し込みは終了です。

 

面談日時の決定

申し込むとメールがきます。

続いて、面談希望日を決めていきます。

 

f:id:gucchon_7:20150124143658p:plain

 

 

 リンク先には注意事項と相談したい内容を書く欄などが

設けてあります。

私は、初だったので、保険の初歩の話から聞きたい旨を記入しました。

 

f:id:gucchon_7:20150124144329p:plain

 

次のページでは、面談希望日時(第一希望〜第二希望まで)、面談希望場所(自宅か近くの喫茶店かなど)を決めていきます。

 

完了すると、入力内容確認のメールがきます。

もし内容を訂正したい場合は返信します。

 

f:id:gucchon_7:20150124145548p:plain

 

そして、面談調整のメールが届きます。これは見るだけで大丈夫です。

 

 

担当の方からメールが届きます。

最終確認のための返信メールが必要だったので、

返信をしました。

 

f:id:gucchon_7:20150124150252p:plain

 

 以上で、面談日時と場所の決定は終了です。

 

面談の前に

面談日が近くなると、マンモスより保険相談についての資料(漫画)が送られてきます

漫画の質はともかくとして、一読しておきました。

保険相談について漫画で40ページほどですが、

10〜15分あれば十分に読み切れる内容です。

 

面談当日(1回目の面談)

面談場所は近くのファミレスになったので、

面談当日、5分前くらいにつくと、電話がかかってきたので、

店の前で担当の方と会い、二人でファミレスに入りました。

(人によっては、どちらかが先に入っているパターンもあると思います)

 

その後は、下記の流れで進みました。

・自己紹介

・ドリンクバーの注文

・面談内容の確認

・保険の役割について

・保険の商品の説明

・次回の予約

・雑談

・会計

・解散

 

私の初面談は約1時間半くらい掛かりました。

 

私は保険について真剣に考えたことがなかったので、

大変ためになりました。

私みたいな素人は改めて考えるいい機会であり、

知識としてストックする分には大変有意義だったと思います。

 

保険相談は二度目の面談が終わってからのポイント獲得ですので、

ポイント狙いという雰囲気は出さずに、

純粋に勉強するために面談するのが望ましいと思われます。

 

次回の記事では二度目の面談からポイントの反映までをまとめます。

 

 

本日も最後までご覧いただきありがとうございました。